株初心者の株挑戦 HOME>はじめに

1.はじめに


(1)私は2004年秋ごろに口座を開き、初めての株式投資を行いました。今も勉強中ですが、そのときに本を読んだり、いろいろ勉強して思ったことや考えたことを以下で短く述べていきたいと思います。

いきなり堅い話になってしまうのですが、大切なことだと思ったので、一番初めに書いておきます。それは、株式投資には、常にリスクがつきまとうという事実は理解しておくべきということです。リターンを求めるには、それなりのリスクは覚悟しておかなければなりません。当たり前のことだと思われますが、あとで後悔しないように、肝に銘じておくべきです。

そして、株を初めてやる場合は、時間をかけて準備をして、徐々に経験をつんで判断能力を養う。決して無理をしないことが重要です。

多くの本やサイトでは、儲けた部分が強調される傾向にありますが、逆に損をしている人が多数いることも忘れてはいけません。すべては、自己責任です。慌てないで、冷静に判断しましょう。


(2)私の場合は、お小遣い稼ぎのつもりで始めました。当初、私は学生で、バイトで貯めた15万円くらいを資金にしてはじめました。そのころ、この15万円は銀行の口座に眠ったままにしておいたのですが、超低金利時代においては、手数料の金額の利息さえも付きません。

そこで、自分で扱える範囲以内で株式投資を試してみようと思いました。取引はインターネットで行なっています。利用しているインターネット証券は、手数料が安くてよいです。口座管理量は無料で、そのほかのサービスもある程度充実していてまぁまぁ満足しています。

株式投資を行うと、それまで以上に世の中の動きについて、興味を持つようになり、新聞やニュースをよく見るようになります。結果、特に学生にとっては、良い社会勉強になると思います。最悪損をしてもいい限度、バイトなどで貯めた自分のお小遣いの範囲以内で試してみるのもいいかもしれません。











[Next 株式投資の基本の勉強] [株初心者の株挑戦 HOME]








SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO