株初心者の株挑戦 HOME>株式投資の基本勉強

2.株式投資の基本の勉強


株式投資を行うにあたっては、ある程度の勉強をして、知識だけでもつけておく必要があります。株式市場では、初級者も上級者もみんな同じ土俵で取引を行うのです。ハンデなどはもちろん一切ありません。だから、初心者は経験が浅い分、ある程度の勉強はしておかないといけないでしょう。見習いから大関、横綱まで同じ土俵で戦うのです。

私の場合は主にさまざまな本を読んで勉強しました。初級者向けの本もたくさんあり、たいへん参考になりました。始値、終値、高値、安値、出来高、時価総額、ストップ高(安)、日経平均株価などといった基本的な事柄はもちろんとして、PER、PBR、ROE、移動平均線、ローソク足や決算書の読み方などは、知っておいたほうが良いと思います。新聞はもちろん毎日読みます。

以下では、株の基本と思われるものの中からいくつか選んで書いていきます。わからないことや詳しいことは、インターネットや本屋等で立ち読みでもいいので、どんどん調べてみましょう。


(1)株式会社のしくみについての基本的理解

(2)株式投資で得すること

(3)株式市場にはどんな種類があるのか?

(4)証券取引所ってどんなところ?

(5)株の値段はどうやって決まるのか?

(6)「始値」「終値」「高値」「安値」「出来高」「時価総額」「ストップ高」「ストップ安」「権利落ち」「配当落ち」などの基本的な用語

(7)日経平均株価、TOPIXが意味するもの

(8)「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」

(9)「貸借対照表B/S」と「損益計算書P/L」と「キャッシュフロー計算書C/S」

(10)「PER」「PBR」「ROE」とは?
他にも「MACD」「RSI」等いろいろな分析の仕方があり、興味がある人は調べてみるといいでしょう。

(11)ローソク足の見方について

(12)移動平均線とは?

(13)「現物取引」と「信用取引」

(14)「指し値注文」と「成り行き注文」

(15) MRF (マネー・リザーブ・ファンド)

(16)株の税金のしくみ

(17)「一般口座」と「特定口座(源泉徴収ありorなし)」











[Next 証券口座を開設] [株初心者の株挑戦 HOME]








SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO