株初心者の株挑戦 HOME>投資格言

投資格言

長きにわたる相場の歴史の中で生み出された数多くの格言があります。
これらの中から、学ぶことや参考になることがあるかもしれません。


@ 「天井を売らず底を買わず」
:最安値で買って、最高値で売るのが一番だが、そういうことを狙っていたら、失敗が続くということ。欲はかくなということ。「頭と尻尾はくれてやれ」等


A 「人の行く裏に道あり花の山」
:人がこわっがている時に買って、有頂天になっている時に売るということ。


B 「休むも相場」
:売り買いだけではなく、休んで冷静になることも必要です。


C 「株式と結婚するな」
:相場に人生のすべてを注ぎ込むべきではない。


D 「いのちの金には手をつけるな」
:余裕資金で相場に参加する。


E 「もうはまだなり、まだはもうなり」
:思っているのと違う方向に行くことが多いということ。


F 「売り買いは三日待て」
:売り買いするときは、あせらないこと


G 「売るべし 買うべし 休むべし」
:相場の流れがわからなくなったら、とにかく休む。


H 「見切り千両」
:思惑が外れて下落した株は思い切って損切りすることも大切である。


I 「株を買うより時を買え
:投資対象を選ぶことも大切だが、投資の時期を選ぶことのほうがもっと大事です。


J 「最初の損は最良の損」
:最初に思い通りに儲けてしまうと、自分の腕を過信して後々大損するかもしれません。


K 「利食い千人力」
:株価が上がったら確実に利益を確保することが大事。


L 「遠くのものは避けよ」
:投資のヒントは身の回りに転がっている。それに気づかないで、自分の不得手な知らないものを選ばないこと。


M 「天井三日、底百日」
:危険なものには手を出さないほうが無難。仕込みはゆっくり、売りは早く。


N 「相場のことは相場に聞け」
:今の相場がどうなっているのかを知るには、相場を見るのが一番。










[Next 一般格言] [株初心者の株挑戦 HOME]






SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO